電波女と青春男

by PODCAST-BP
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 9BRIDGE×2 | トップページ | 新ゲッターロボ 13話「竜馬がいく」 »

2011年1月 1日 (土)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

ブルーレイ初回限定版

年越しでなのは観てしまった。

TVで最初のシリーズを見てた時は、まさか映画化するとは夢にも思わなかったから、感慨深いな。

いい感じでリメイク出来てたと思う。

やっぱり、なのはは小学生の時がかわいいネ。

映画としての魅力としては、アクションシーンの迫力と全体的なクオリティアップだろうか。

なのはの一途な思い、フェイトとの心の交流といった泣ける部分もより繊細に描きこまれていたように思う。当然泣きました。

変身シーンも1度しかなかったけど、バッチリ描き込んであった。フェイトちゃんの変身シーンがちょっと短かったのは残念(^-^;

TVではほとんど触れられなかったプレシア側の事情についても明らかにされて、物語としては完成度が高まったと同時により悲劇性を誘う作りになってたと思う。

一方、なのはのプライベートシーン、魔法を訓練したりジュエルシード回収に苦戦する話はかなりカットされてた気がする。

高町家の皆さんは登場するもののセリフなしだった。本筋には関わらないから仕方ないけど、ちょっと可哀想。

ユーノくん(フェレット形態)となのはのお風呂シーンはぜひとも入れて欲しかったな。あのシーンがあるとユーノくんが男の子と分かった時のシーンでよりにやにやできるのに。

同一キャスティングだったし、声優の皆さんの演技には全く違和感無かったかな。

タイトルロゴ変更はちょっと残念。格好良くしたかったのか、一般向けを考えたのか、海外展開を考えたのか分からないが、柔らかみが無くなってしまった感じを受ける。まあ、ハード展開目白押しだし、こっちのほうが内容に合ってるのかな?

オーディオコメンタリーはキャラコメ形式。

STRIKERSのキャラ達が映画を見ながらコメントするという設定で、なかなか面白い趣向だった。

映画だと長いからキャストコメンタリーやスタッフコメンタリーは難しいのかな?キャラコメだと制作コントロールできるし。

できればスタッフコメンタリーは聞いてみたかったな。

特典ディスクがブルーレイディスクだったのにはビックリした。

宣伝映像はもちろん、初日舞台挨拶や声優座談会とかも収録されてて楽しかった。

ブックレットも豪華なだけでなく、本編の疑問を補完する解説が載ってたりするあたり、よくできてる。

結構忘れてるから、TV版ももう一度見たくなった。

A’sも映画化するみたいなので、楽しみに待っていよう。

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 9BRIDGE×2 | トップページ | 新ゲッターロボ 13話「竜馬がいく」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140821/50465781

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st:

« 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ 9BRIDGE×2 | トップページ | 新ゲッターロボ 13話「竜馬がいく」 »