電波女と青春男

by PODCAST-BP
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« TIGER & BUNNY 第15話「The Sky's the limit…」 | トップページ | 電波女と青春男 BD2巻 »

2011年7月25日 (月)

2011年4月期アニメ

一通り見終わったので雑感

 

GOSICK‐ゴシック‐

2クールで完結。いい出来だった。ヴィクトリカちゃんと久城の関係性が良かった。アブリルはいい子なのに報われなくてちょっと可哀想。終盤は悲劇的展開だったけど、ハッピーエンドで良かった。

アスタロッテのおもちゃ!

どちらかというと明日葉派だったけど、イニちゃんにやられた。作画も良かったし、ほんわか異世界物としてよく出来てた。

戦国乙女~桃色パラドックス~

中盤で挫折。どうにも面白さが感じられなかった。

俺たちに翼はない

予想外に結構楽しめた。多重人格主人公や変な性格のキャラが盛りだくさんなのが良かったのかも。

デッドマン・ワンダーランド

てっきり2クール物かと思ってた。なんだか打ち切りのような中途半端な終わり方だった。2期目は無さそうだな・・・。導入部は良かったと思うけど、どうにも盛り上がらなかった気がする。監獄の中の不自然な管理体勢も気になってしかたなかった。

まりあほりっくあらいぶ

想定のはるか上を行く面白さだった。ほとんど笑いっぱなし。まさに満を持しての2期目といった感じ。前作は若干退屈な作りだったので、そのままの流れの続編とならなくてよかった。2の方が面白くなるという珍しいタイプと思う。作画クオリティもOPEDの楽曲も良かった。オープニングで遊びを入れるシャフトの伝統も受け継いでる。

電波女と青春男

とにかくエリオがかわいい。イトコと呼ばれてみたい。面倒を見てあげたい。それにリューシさんや前川さんも魅力的だし、女々さん役の野中藍さんも素晴らしく良かった。結局原作小説全巻購読して、BD版も購入するぐらい好きになった。今回は原作3巻までの話で終わったけど、町内慰安旅行や文化祭、真の妄想、そして完結エピソードも是非続編でやってもらいたい。

シュタインズ・ゲート

2クール物らしいので、中間地点。かなり溜めておいて徐々に物語が動き出したような感じ。まだ先が良く見えないけど。秋葉原が家電の街に逆戻りするところはぞっとした。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

面白かった。世代的にはだいぶ離れたキャラ達の青春物語だったけど、熱くなった。クライマックスでの血管切れそうな叫びの演技は凄かった。めんまは高校生というより中学生ぐらいの風貌だったな。

星空へ架かる橋

ギャグもちりばめられてはいるけど、結構まっとうな恋愛ストーリーだった。弟の歩くんがヒロイン扱いされてる・・・。女の子の乳首は隠しても、歩くんは男だけに乳首もしっかり見せてて、制作者の努力が感じられる。OPのテーマ曲良かった。どちらかと言うと変な歌ばかり歌ってる印象が強いのみこさんがあんなに心にしみる歌を歌うとは。

花咲くいろは

2クールものみたいなので、中間地点。緒花ちゃんの痛々しいまでに真っすぐなところが見どころか。中だるみもなく面白い。巴さんのエピソードの回が良かった。キャラの中ではなこちが好きかな。

日常

笑いと言う観点だと、当り外れが激しい作品といった感じ。でも何故かにやにやして観てしまう。7月からのなのちゃんが学校に通うようになってからは全体的に面白くなってきた感じがある。

独特の世界観と演出はインパクトがあった。OPEDの楽曲が良かった。あの花に加えてここでも戸松さんが良かった。

へうげもの

これも2クールものかな?一応見続けてるけど、今一つ面白さが分からない。信長が胴体真っ二つにされながら、自分の血で茶を点てるところはインパクトあった。

Dororonえん魔くん メ~ラめら

世代的に懐かしネタ満載で面白かった。くどいぐらいに徹底的にギャグを繰り返す演出は凄かったし、作画も良かった。永井豪原作を面白くアレンジ出来ていたと思う。BDも多少買いやすい値段設定だったこともあり、手を出してしまった。

そふてにっ

バカバカしくて面白かった。中盤、キャラが増えてから面白くなっていった感じ。もっと続きが見たい。OPEDの楽曲両方とも良かった。

Aチャンネル

期待していた作品だったが、残念な感じだった。今一つ面白味が感じられなかったけど、ゆーこは好き。

30歳の保健体育

無理やりアニメ化した感じの作品だった。第1回目の実写パートの酷さは歴史に残るかも。

変ゼミ

一通り見たが肌に合わなかった。たまに気持ち悪くなる。飯野、堀井ネタは悪意が感じられて面白かったが。

よんでますよ、アザゼルさん

はちゃめちゃお下劣ギャグ満載で面白かった。悪魔も天使も人間も酷いキャラだらけ(いい意味で)。

DOG DAYS

あっさりとした作品だった。程良い小品といった感じ。キャラが多すぎる様な気もするが、今後も色々と展開を考えてるのだろうか?

緋弾のアリア

話の展開もキャラの魅力も今一つで、中途半端さが強く感じられた。

TIGER & BUNNY

2クールものみたいなので、中盤の山を越えて折り返し。話題作りでは成功したみたい。話もまずまずな感じ。ブルーローズとタイガーの関係がどうなるか気になる。

« TIGER & BUNNY 第15話「The Sky's the limit…」 | トップページ | 電波女と青春男 BD2巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140821/52115340

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月期アニメ:

« TIGER & BUNNY 第15話「The Sky's the limit…」 | トップページ | 電波女と青春男 BD2巻 »