電波女と青春男

by PODCAST-BP
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« アイドルマスター 第十話「みんなで、少しでも前へ」 | トップページ | ミルキーホームズ第2幕 »

2011年10月10日 (月)

2011年7月期アニメ感想

見た作品の雑感を一通り・・・

花咲くいろは

2クールで大団円。話も画も最後まで素晴らしかった。さすがはPAWORKSというか、見なおしたというか。やっぱり一番好きなキャラはなこちかな。外ではおっとりしてるけど、家ではしっかりしたお姉さんというのが良い。

日常

こちらも2クールで終了。いつまでも続いて欲しい作品だった。2クール目でなのちゃんが学校に行くようになってから面白さがパワーアップした感じ。当り外れはあるけど、1クール目よりはレベルアップしたと思うし、終盤の面白さは群を抜いてた。久しぶりに爆笑できた作品だった。さすが京アニという感じ。群馬の地名の苗字が多いと思ったら、原作者が群馬出身だったみたい。好きなキャラは桜井先生。

青の祓魔師

これも2クール終了もの。なんだか最後までよくわからなかった。人間界と魔界を一緒にしたら人間が悪魔に蹂躙されてとんでもない状態になるのが分かってるのに、それを望むお母さんってなんなの?まあ息子たちに阻止されてる訳なんだが。悲劇のヒロイン的な扱いは納得いかない。完全に狂った悪役じゃないか。

異国迷路のクロワーゼ The Animation

ちょっと期待外れでした。ARIA並みのものを期待してたんだけど、全然及ばなかった感じ。

ゆるゆり

今期最高のダークホース。さすがは「みつどもえ」の太田監督。原作を見事に昇華させて、素晴らしく面白い作品に仕上げてる。京子のキャラの濃さはすごかった。BD買っちゃうレベル。好きなカップルは櫻子と向日葵。

R-15

全体的にいまいちだった。謡江さんだけはちょっと好き。

快盗天使ツインエンジェル ~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~

田村・能登・釘宮という豪勢な主役配置の割にはキャラが今一つ面白くなかった。そこそこの出来といった作品。

神様ドォルズ

面白かった。OPは歌も作画も良かった。詩緒ちゃんかわいい。中途半端な所で終わったけど、2期目はあるのかな?

シュタインズ・ゲート

2クールで終了。原作知らないけど、そこそこ面白い作品だった。タイムマシンものは色々と納得いかないことが出てくるんで、どうしてもすっきりしない。

ロウきゅーぶ!

女の子達の一生懸命さとかわいらしさが描けてて、結構楽しめた。ひなちゃんがハンカチとパンツを間違えたり、それを拾った昴が何故か女の子が寝ているところに忍び込んで返しに行く下りはバカすぎて唖然とした。

うさぎドロップ

ノイタミナっぽい作品。子役を使うのはあんまり好きじゃないんだけど、シリアス寄りだし、この作品はしょうがないかな。

森田さんは無口。

本当に何も起こらないショートアニメ。CMで流れているOVA版とキャラが違いすぎて驚いた。かなり萌えキャラに寄せてきた感じ。秋葉原の床広告にも驚いた。竹書房結構力入れてるのかな。

NO.6

そこそこ面白かったけど、最後は急展開過ぎたかな。

THE IDOL@MASTER

2クール目に継続中。ゼノグラシア以外のアイマスに初めて触れたわけだが、結構面白くて安心した。頑張っている女の子はやっぱりいい。好きなキャラはあずささん。

バカとテストと召喚獣にっ!

2期目でも安定したバカバカしい面白さ。今回は過去話なども織り込まれてた美波と明久の関係が強く描かれてた感じ。

まよチキ!

お約束ハーレムアニメ。ジローのもてっぷりは納得いかないが、結構面白かった。スバルはちょっと反則的にかわいいな。マサムネのツンデレっぷりも良かった。

へうげもの

3クール目に突入。なんとなく慣れてきたけど、相変わらずあまり面白味は感じない。

セイクリッドセブン

あまり期待してなかったけど予想外に面白かった。1クール物ということで1話目は唐突な感じも受けたけど、上手く仕上げてきたと思う。作画も楽曲も良かった。キャラデザインはコードギアスをやった2人かな?シリーズ途中でOPとEDの楽曲を入れ替えると言うのも面白かった。善人面をした研美博士のぶれのない悪役っぷりも良かった。余裕が無かったからか、せっかくのメイド隊をピックアップした話が無かったのは残念。

いつか天魔の黒ウサギ

最終話的な回でやっと黒ウサギという単語が出てきたのが記憶に残ってる。意味は分からなかったけど、主人公の秘められた力とか前世とか関係してるんだろうな。。最後まで主人公が弱いまま終わった珍しい作品かも。主人公とヒロイン2人の三角関係の方がメインの話なんじゃないかと思った。

BLOOD-C

溜めに溜めて最終2話で一気に解放。もやもやしてた分カタルシスはあったな。虐殺シーンは最初から多かったけど、徐々にエスカレートして、最終回は凄まじかった。あれは怖い。小夜と父親との戦闘シーンも凄かったな。続きは映画みたいだけど、TVでやって欲しかったな。

輪るピングドラム

2クール目に突入。作画は良いし、演出も面白い。コメディタッチだけど、内容は結構恐ろしい感じも受ける。今後の展開が楽しみ。OPのやくしまるえつこさんは今までで一番良かった感じがする。

猫神やおよろず

ほんわりした雰囲気の良作だった。野良猫の話は泣いた。繭さまがメガドラで遊んでるなーと思ってたら、セガが協力にクレジットされてた。他にもゲームギア・サターン・ドリキャスとセガのマシンがオンパレードでニヤリといった感じ。

ダンタリアンの書架

ダリアン役の沢城さんが素晴らしい。やっぱり男の子役よりは女の子役の方がいいな。久しぶりのGAINAX作品だった気がするけど、雰囲気もよかったし、さすがによく出来てた。続編もあるといいな。

神様のメモ帳

ニート探偵という設定についていけなかった。アリスにもあまり魅力を感じなかったし。シリアスタッチの現代劇風の話で、深夜アニメとしては珍しい分類の作品だったと思う。

TIGER&BUNNY

2クール目で完結。2段階の危機をつくって、話の盛り上がりもあったし面白かった。マニア向けよりも、一般向けに受けそうな作りだった気がする。

« アイドルマスター 第十話「みんなで、少しでも前へ」 | トップページ | ミルキーホームズ第2幕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140821/52938666

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月期アニメ感想:

« アイドルマスター 第十話「みんなで、少しでも前へ」 | トップページ | ミルキーホームズ第2幕 »